スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
entry_bottom
林檎の森の時計屋敷
オリジナル時計
林檎の森の時計屋敷
 
暗くて深い森を奥へ奥へと進んで行く…日の光が樹々に遮られ、
帰り道も分からなくなる頃に、林檎の林が現れる。




林檎林の真ん中には、小さな、古びた赤い煉瓦の屋根の家が
建っていて、そこに風変わりな婆さんが住んでいるのさ。
薄暗い家の中は時計だらけ。
唯一、明々と燃える暖炉には大きな鍋が掛かってるけど、
何が煮られてるのかは誰も知らない。



チクタク、チクタク…





時の音に囲まれて、その婆さん、大きな片目で未来を見透し、
大きな耳で過去を聞き、大きな口で今を語る。
人は彼女を『時計屋敷の林檎婆さん』って呼ぶよ。
林檎の森へ 〜林檎の森の時計屋敷〜 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom